Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
【発明の名称】B7分子と反応するヒト化免疫グロブリンおよびそれを用いた治療方法
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2002540764
Kind Code:
A
Inventors:
マン・スン・コ
マキシミリアノ・バスケス
ベアトリス・カレノ
アビー・シェリル・セルナイカー
メアリー・コリンズ
サミュエル・ゴールドマン
ゲイリー・エス・グレイ
アンドレア・ナイト
デニス・オハラ
ボニータ・ラップ
ヘールトライダ・エム・フェルトマン
ガービン・ワーナー
スチュアート・フリードリック
Application Number:
JP2000598540A
Publication Date:
December 03, 2002
Filing Date:
February 09, 2000
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
ジェネティックス・インスチチュート・インコーポレーテッド
International Classes:
G01N33/53; A61K31/436; A61K31/519; A61K31/573; A61K35/14; A61K35/28; A61K38/00; A61K39/00; A61K39/395; A61K45/00; A61P1/04; A61P1/18; A61P3/00; A61P3/10; A61P7/00; A61P7/06; A61P11/06; A61P17/00; A61P19/02; A61P25/00; A61P29/00; A61P31/00; A61P35/00; A61P35/02; A61P37/00; A61P37/02; A61P37/06; C07K16/00; C07K16/28; C12N1/15; C12N1/19; C12N1/21; C12N5/10; C12N15/09; G01N33/533; G01N33/534; G01N33/535; (IPC1-7): C12N15/09; A61K31/436; A61K31/519; A61K31/573; A61K35/14; A61K35/28; A61K38/00; A61K39/00; A61K39/395; A61K45/00; A61P1/04; A61P1/18; A61P3/00; A61P3/10; A61P7/00; A61P7/06; A61P11/06; A61P17/00; A61P19/02; A61P25/00; A61P29/00; A61P31/00; A61P35/00; A61P35/02; A61P37/00; A61P37/02; A61P37/06; C07K16/00; C12N1/15; C12N1/19; C12N1/21; C12N5/10; G01N33/53
Attorney, Agent or Firm:
青山 葆 (外1名)