Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
塩の水溶液の製造方法
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2014528915
Kind Code:
A
Abstract:
本発明は、塩の溶液を連続的に製造するための、特に、ヘキサメチレンジアミン・アジペートを製造するための方法、および、そのような方法を実施するための装置に関する。本発明によれば、第一工程において、水中で、アルカンジカルボン酸に対する比において準化学量論的な量のアルカンジアミンが反応し、続く第二工程で、アルカンジアミンの補填が行われ、その際、一定温度でのpH値測定によって、化学量論比の調節が行われることが提案される。【選択図】なし

Inventors:
ズィーベッケ, エッケハルト (The Federal Republic of Germany and 10825 Berlin, Qufu Steiner Strasse 2)
A veil, milko (The Federal Republic of Germany and 16547 ビルケンヴェルダー, Bayern Strasse 24 アー)
ラオエ, Eberhard (The Federal Republic of Germany and 16567 Shane fleece, プファッフェンフートヴェーク 3)
Application Number:
JP2014519469A
Publication Date:
October 30, 2014
Filing Date:
June 05, 2012
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Houde in ヴェンタ * Fischer ゲーエムベーハー (Germany 13509 Berlin and ホルツハオザー Strasse 157*159)
International Classes:
C07C51/41; C07C55/02; C07C211/09
Domestic Patent References:
JP2010529066A2010-08-26
Attorney, Agent or Firm:
Patent business corporation Minori patent firm