Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
二置換スクシネートを調製するプロセス
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2014528926
Kind Code:
A
Abstract:
本発明は、(2,3)二置換スクシネートを良好な純度と許容できる反応収率で得ることのできる、(2,3)二置換スクシネートを調製するプロセスに関する。(2)および(3)置換基は同じであっても、異なってもよい。このプロセスは、ハロアセテートをマロン酸エステルと反応させてトリカルボキシレートを生成し、これをさらに、(2,3)二置換トリカルボキシレートへと反応させ、加水分解し、カルボキシル基を除去し、必要に応じて、エステル化する工程を含む。エステル化された(2,3)二置換コハク酸エステルは、オレフィン重合のためのチーグラー・ナッタ型触媒における内部供与体として使用してもよい。

Inventors:
サイナニ, ジャイプラカシュ ブリジャール (India マンジュサール 391775 District Baroda サヴリ * Baroda expressway サヴリ G eye DC Estate Plot Number 5 and 6 サビック Research And Technology Private Limited)
ダヴァドラ, Mahesh (India Gujarat ヴァドー dollar 390 021 ゴトリ Loading OPP Lame シュワー ヴィドヤラヤ OPP Lame シュワー ヴィドヤラヤ シルパ Van grotesque ウビー *11)
Application Number:
JP2014527522A
Publication Date:
October 30, 2014
Filing Date:
August 23, 2012
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
サウディ Basic Indus Trease Condominium ration (Kingdom of Saudi Arabia 11422 Riyadh PO Box 5101)
International Classes:
C07C51/38; B01J31/04; B01J37/08; C07C55/02; C07C67/08; C07C69/34; C08F4/654; C08F4/656
Domestic Patent References:
JP2001031637A2001-02-06
JPH10500965A1998-01-27
JP2002542347A2002-12-10
JPS5659742A1981-05-23
JP2001031637A2001-02-06
JPH10500965A1998-01-27
JP2002542347A2002-12-10
JPS5659742A1981-05-23
Foreign References:
CN101811983A2010-08-25
CN101811983A2010-08-25
Other References:
JPN6015047606; Journal of the University of Bombay, Science: Phisical Sciences 25A(Part.5), 1957, p.17-24
JPN6015047606; Journal of the University of Bombay, Science: Phisical Sciences 25A(Part.5), 1957, p.17-24
Attorney, Agent or Firm:
Seiji Yanagida
Sakuma 剛