Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
発酵ブロス処理にとって有用な、塩化水素酸を用いた沈殿によるカルボン酸のそれらのマグネシウム塩からの回収
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2014529595
Kind Code:
A
Abstract:
本発明は、カルボン酸を調製する為の方法であって、マグネシウムカルボキシレートを用意する工程、ここで該カルボキシレートに対応する該カルボン酸は、20℃の水中での80 g/100 g水又はそれより低い溶解度を有する;該マグネシウムカルボキシレートを塩化水素(HCl)によって酸性化し、それによりカルボン酸及び塩化マグネシウム(MgCl2)を含む溶液を得る工程;任意的に、濃厚化工程、ここでカルボン酸及びMgCl2を含む該溶液が濃厚化される;カルボン酸及びMgCl2を含む該溶液から該カルボン酸を沈殿し、それによりカルボン酸沈殿物及びMgCl2溶液を得る工程、を含む前記方法を提供する。本発明者らは、HClの、該カルボン酸のマグネシウム塩への添加そして該溶液からの該カルボン酸の沈殿が、該カルボン酸をマグネシウムカルボキシレート溶液からの非常に効率的な分離をもたらすことを発見した。【選択図】なし

Inventors:
デハーン, Andre Bani Eire (The Netherlands and 4206 AC ゴリンケム, アルケルセディ*ク 46, ピュラック By オケム B. buoy.)
Fan ブリュゲル, Jan (The Netherlands and 4206 AC ゴリンケム, アルケルセディ*ク 46, ピュラック By オケム B. buoy.)
Fan Dell ウェイデ, Paul ロドゥヴィカス John (The Netherlands and 4206 AC ゴリンケム, アルケルセディ*ク 46, ピュラック By オケム B. buoy.)
Jansen, Peter Pole (The Netherlands and 4206 AC ゴリンケム, アルケルセディ*ク 46, ピュラック By オケム B. buoy.)
Vidal Laon Sis, ヨセ Mary (The Netherlands and 4206 AC ゴリンケム, アルケルセディ*ク 46, ピュラック By オケム B. buoy.)
セルダ Varo Agustin (The Netherlands and 4206 AC ゴリンケム, アルケルセディ*ク 46, ピュラック By オケム B. buoy.)
Application Number:
JP2014525960A
Publication Date:
November 13, 2014
Filing Date:
August 16, 2012
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
ピュラック By オケム B. Buoy. (The Netherlands and 4206 AC ゴリンケム and アルケルセディーク 46)
International Classes:
C07C51/43; C07C55/10; C07C55/14; C07C57/13; C07C57/15; C07C59/265; C07D307/56; C12P7/40
Domestic Patent References:
JP2014514263A2014-06-19
JP2014531408A2014-11-27
JP2014524254A2014-09-22
Foreign References:
WO2000017378A22000-03-30
WO2001030699A12001-05-03
WO2012119064A12012-09-07
US20100323416A12010-12-23
GB793700B
CN101748161A2010-06-23
KR20100122773A2010-11-23
Attorney, Agent or Firm:
Mitsuo Matsui
Hiroshi Murakami