Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
ラクトンからのアルケン酸エステルの製造方法
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2014531450
Kind Code:
A
Abstract:
本発明は、ラクトンをアルコールおよび酸性触媒と気相で接触させることを含むアルケン酸エステルの製造方法であって、ラクトンの量に対して少なくとも0.26重量%の水の存在下に行われることを特徴とする方法に関する。この方法は、アルケン酸エステルの製造において、良好な製造収率と選択性をもたらし、またより少量のジアルキルエーテルの生成をもたらし得る。収率の向上によりエネルギーの節約が可能になって有利である。

Inventors:
Dregs tele インス, Anna, Mary, Cornelia, and franc シスカ (The Netherlands and エヌエル‐ 6100 AA エヒト and Py. Ore. box 4)
Application Number:
JP2014531260A
Publication Date:
November 27, 2014
Filing Date:
September 24, 2012
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
DSM IP アセッツ B. buoy. (The Netherlands and 6411 TE Heeren and beef fat Exaggerated lune 1)
International Classes:
C07C67/03; B01J29/40; C07C51/09; C07C55/14; C07C59/185; C07C67/38; C07C69/44; C07C69/533
Domestic Patent References:
JPS62226946A1987-10-05
JPS62234047A1987-10-14
JPS62164647A1987-07-21
JPS63130560A1988-06-02
JP2003535916A2003-12-02
JPS5587741A1980-07-02
JPH0641001A1994-02-15
JPS62226946A1987-10-05
JPS62234047A1987-10-14
JPS62164647A1987-07-21
Foreign References:
US20040152915A12004-08-05
US4897497A1990-01-30
US20010044556A12001-11-22
Attorney, Agent or Firm:
Ikeda Adult
Noda Masakazu
Kazuhiro Yamaguchi
Yoshinori Shimizu