Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
希薄水性流からのカルボン酸の抽出
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2015505324
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】本発明は、1重量%未満の質量割合の遊離カルボン酸を含む水性溶液から遊離カルボン酸を除去する方法を提供する。【解決手段】1重量%未満の質量割合の遊離カルボン酸を含む水性溶液から該遊離カルボン酸を除去する方法であって、下記の工程:(a)上記水性溶液を、有機溶媒中にポリアミン抽出剤を含む劣化溶媒と接触させて、遊離カルボン酸を豊富にされた抽出物と減少された遊離カルボン酸含有量を有するラフィネートとを得ること、および(b)該ラフィネートを該抽出物から分離することを含む方法において、該ポリアミン抽出剤が、少なくとも2の窒素原子を有し、かつ窒素原子と炭素原子との間の二重結合を少なくともひとつ有する化合物である、前記方法。【選択図】なし

Inventors:
デハーン, Andre バニアー (The Netherlands and 5612 Ey ZETT Einthoven, デン ドレイヒ 2, テヒニッヘ uni-bar シテイト Einthoven Restorative (with no address))
クルジイザニアク, アフニエスズカ (The Netherlands and 5612 Ey ZETT Einthoven, デン ドレイヒ 2, テヒニッヘ uni-bar シテイト Einthoven Restorative (with no address))
スウール, ボエロ (The Netherlands and 5612 Ey ZETT Einthoven, デン ドレイヒ 2, テヒニッヘ uni-bar シテイト Einthoven Restorative (with no address))
Application Number:
JP2014553270A
Publication Date:
February 19, 2015
Filing Date:
January 17, 2013
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
ピュラック By オケム B. Buoy. (The Netherlands and 4206 AC ゴリンケム and アルケルセディーク 46)
International Classes:
C07C51/50; C07C51/48; C07C55/10; C07C59/08
Domestic Patent References:
JP2010539911A2010-12-24
JP2003511360A2003-03-25
Foreign References:
Other References:
JPN6015038342; Krzyzaniak, A et al.: 'Extractant screening for liquid?liquid extraction in environmentally benign production routes' CHEMICAL ENGINEERING TRANSACTIONS 24, 2011, 709-714
JPN6015038343; Janet A. Tamada et al.: 'Extraction of carboxylic acids with amine extractants. 1. Equilibria and law of mass action modeling' INDUSTRIAL & ENGINEERING CHEMISTRY RESEARCH 29 (7), 1990, 1319-1326
Attorney, Agent or Firm:
Mitsuo Matsui
Hiroshi Murakami