Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
鋏の拘束具
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2015513939
Kind Code:
A
Abstract:
鋏用の拘束具が開示されている。鋏は第1の鋏刃と第2の鋏刃を含んでおり、第1の鋏刃と第2の鋏刃は、それら両鋏刃の手前端と先端の中間に提供されている旋回部に関してそれら両鋏刃が角度的に分離され、切断対象の物体を受領する鋏口を形成する開鋏形態と、第1の鋏刃と第2の鋏刃が実質的に重なって鋏口を閉じる閉鋏形態との間で旋回できるように設計されている。拘束具は、鋏刃の向上した操作性を提供し、使用中に物体のスムーズな切断を保証するため、開鋏形態と閉鋏形態の間で鋏刃の再形態化を制限する手段を含んでいる。【選択図】図5

More Like This:
Inventors:
シュミット,サラ
Application Number:
JP2015500975A
Publication Date:
May 18, 2015
Filing Date:
March 05, 2013
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
シュミット,サラ
International Classes:
B26B13/00; B26B13/06
Domestic Patent References:
JPH06105968A1994-04-19
JP3149935U2009-04-23
JPS6315963U1988-02-02
JPH06105968A1994-04-19
JP3149935U2009-04-23
JPS6315963U1988-02-02
JP2004305690A2004-11-04
JPS5955965U1984-04-12
JPH0535062U1993-05-14
JPS5754352U1982-03-30
JP2004305690A2004-11-04
JPS5955965U1984-04-12
Foreign References:
US20110047802A12011-03-03
US4271593A1981-06-09
US20110047802A12011-03-03
US2010576A1935-08-06
US0607839A1898-07-26
US2010576A1935-08-06
US0607839A1898-07-26
US20110302788A12011-12-15
US4761883A1988-08-09
GB000013866B
US20110302788A12011-12-15
US4271593A1981-06-09
US4761883A1988-08-09
GB000013866B
Attorney, Agent or Firm:
特許業務法人広江アソシエイツ特許事務所