Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
ヘアートリム装置
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2015515328
Kind Code:
A
Abstract:
本発明は、ヘアートリム装置(10)に関する。ヘアートリム装置は、カッティングブレード組立体(20)を有する本体(11)を有する。本体にはカッティングガイド(40)が提供され、カッティングガイドの位置は、カッティングブレード組立体に対して調整可能であり、ヘアーを所望の長さに切断するための、ユーザの肌からのカッティング距離が提供される。また、カッティングブレード組立体に対する所望の位置にカッティングガイドをロックするロックユニット(60)が提供される。ロックユニットは、第1のロック素子(64)と、第2のロック素子(65)と、少なくとも一つの受容凹部(83)とを有する。異なる位置にカッティングガイドをロックするため、カッティングガイドのカッティングブレード組立体に対する位置が調整された際に、第1および第2のロック素子は、各受容凹部に交互に配置される。

Inventors:
ゼイルストラ,マルセル ヒルコ
テイッセン,レイニール アレクサンデル
ファン デル ウォルプ,ヘンドリク ヤン マルク
ハーフスマ,ヘンドリク クラース
ハヌマンタッパ,ヴィジャドハル
フーフェル,ディミトリ ペーテル
デ ラート,バスティアーン ヘンドリク
Application Number:
JP2015504989A
Publication Date:
May 28, 2015
Filing Date:
September 18, 2013
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
コーニンクレッカ フィリップス エヌ ヴェ
International Classes:
B26B19/20
Domestic Patent References:
JP2005505391A2005-02-24
JP2005073932A2005-03-24
JPS5352979U1978-05-06
JPS62114588A1987-05-26
Foreign References:
US2941293A1960-06-21
WO2008099281A22008-08-21
US2618060A1952-11-18
WO2008028332A12008-03-13
US20080282550A12008-11-20
Attorney, Agent or Firm:
伊東 忠重
伊東 忠彦
大貫 進介