Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
改善された先端繊維接点設計ブラシ・アセンブリ
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2015517176
Kind Code:
A
Abstract:
本発明は、ステータとロータとの間の電気接点を提供するように適合されたスリップ・リングにおける改善を、広範囲に提供する。改善されたスリップ・リングは、ステータに取り付けられたブラシ・チューブを有し、いくつかの個別の繊維からなる繊維束を有するブラシ・アセンブリを含む。繊維の上部の周縁端部分は、ブラシ・チューブ内に受け入れられる。繊維の下部の周縁端部分は、ブラシ・チューブを越えて、ロータに向かって伸びる。改善は:ロータに向かって、ブラシ・チューブの下に伸びる繊維がアニュラスの形状であるように、ブラシ・チューブの下で、繊維の中央部分が除去されたことを広範囲に含み;ここで、ロータとのその接点で、繊維束の接線コンプライアンスが、もしも、中央部分が除去されなかったならば、繊維束の接線コンプライアンスの2倍より大きい。

Inventors:
ルイス、ノリス、イー.
パーデュー、ジェリー、ティー.
Application Number:
JP2015500399A
Publication Date:
June 18, 2015
Filing Date:
March 13, 2012
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
ムーグ インコーポレーテッド
International Classes:
H01R39/24; H02K13/00
Domestic Patent References:
JP2004031689A2004-01-29
JP2008043194A2008-02-21
JPH0721866A1995-01-24
JP2005056844A2005-03-03
JP2004031689A2004-01-29
Foreign References:
WO2005096474A12005-10-13
US4261099A1981-04-14
US20080140072A12008-06-12
US20050159739A12005-07-21
WO2005096474A12005-10-13
US4261099A1981-04-14
Attorney, Agent or Firm:
特許業務法人浅村特許事務所