Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
粘膜炎の治療のための組成物および方法
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2015518855
Kind Code:
A
Abstract:
本発明は、式Iまたはその薬学的に許容される塩の化合物、ならびに多形体、溶媒和物、鏡像異性体、立体異性体および水和物に関する。式I 、および粘膜炎を治療するための方法の化合物の有効量を含む医薬組成物は、経口、頬側、直腸、局所、経皮、経粘膜、静脈内、非経口投与、シロップ剤、または注射用に製剤化することができる。このような組成物は、消化管ライニングの痛みを伴う炎症および潰瘍および口の中で関連する粘液疾患の治療に使用することができる。【選択図】なし

Inventors:
カンデュラ,マヘシュ
Application Number:
JP2015513324A
Publication Date:
July 06, 2015
Filing Date:
May 19, 2013
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
セリックスビオ プライヴェート リミテッド
International Classes:
C07C279/24; A61K31/155; A61K31/17; A61K31/192; A61K31/198; A61K31/385; A61K31/404; A61K31/4188; A61K31/44; A61K31/445; A61K31/522; A61P1/02; A61P1/04; A61P29/00; C07D209/20; C07D211/60; C07D213/66; C07D339/04; C07D473/04; C07D495/04
Domestic Patent References:
JPS4828434A1973-04-14
JP2008534471A2008-08-28
JP2004513957A2004-05-13
Foreign References:
CA1081709A1980-07-15
Other References:
JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, vol. 97(10), JPN6016039608, 1975, pages 2811-18
JOURNAL OF MEDICINAL CHEMISTRY, vol. 18(1), JPN6016039610, 1975, pages 90-9
Attorney, Agent or Firm:
▲吉▼川 俊雄
市川 寛奈