Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
液体及び気体の流入を制限するためマトリックスの透過性を制限する方法
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2015525314
Kind Code:
A
Abstract:
液体又はガスの流入に対するマトリックス(基質)の透過性を制限する又は低減する方法を提供する。同方法は、地層等の層内に偶発的に存在する空洞や、裂け目、割れ目、開口や孔隙などの通路への液体や気体の流入の制限を含む。同方法は、マトリックスに関係する1以上のパラメータを測定し、測定されたパラメータを参照して、複合構成要素からなる封止用組成物の1以上の構成要素を選択する工程を含む。選択された構成要素を前記通路に導入し、同通路で前記構成要素を硬化又は凝固して封止物を形成する。同方法は、グラウト成分と、グラウト硬化剤とを含む封止用組成物によって通路を封止する。グラウト成分の一部を前記グラウト硬化剤の一部と混合し、混合比率を、グラウト硬化剤に対するグラウト成分の混合割合を、測定したパラメータを参照して選択する。グラウト成分とグラウト硬化剤の混合物を通路内に流入し、硬化剤に対するグラウト成分の混合割合を変更することによって、通路内のグラウト成分の凝固又は硬化の割合を、制御する。

Inventors:
デオン バン ディワイケイ
ニコ ジョアン グロブラー
Application Number:
JP2015512971A
Publication Date:
September 03, 2015
Filing Date:
May 23, 2013
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
リボーガン ピーティワイ リミテッド
RELBORGN PTY LTD
トリオビリ ピーティワイ リミテッド トレーディング アス ザ グロブラー パートナーシップ
TRIOMVIRI PTY LTD TRADING AS THE GROBLER PARTNERSHIP
International Classes:
E02D1/00; E02D31/04; E02D31/14; E21B33/00; E21B43/267
Domestic Patent References:
JPH10330750A1998-12-15
JP2008240424A2008-10-09
JPH10140552A1998-05-26
JP2011256534A2011-12-22
JPS5284810A1977-07-14
JPS63304086A1988-12-12
JPS5267111A1977-06-03
JPH0725964A1995-01-27
JP2012077309A2012-04-19
JP2004041924A2004-02-12
JP2004075754A2004-03-11
JPH10212480A1998-08-11
JP2009174171A2009-08-06
JP2005016127A2005-01-20
JP2008150774A2008-07-03
JPH04283290A1992-10-08
JPH0486381A1992-03-18
JPH10306280A1998-11-17
JP2006327946A2006-12-07
JP2004174486A2004-06-24
JPS5947225A1984-03-16
Foreign References:
US20050269080A12005-12-08
Attorney, Agent or Firm:
松尾 憲一郎