Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
中等度から重度の疼痛の治療のための組成物及び方法
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2015527309
Kind Code:
A
Abstract:
本発明は、式Iまたはその薬学的に許容される塩の化合物、ならびに多形体、溶媒和物、鏡像異性体、立体異性体および水和物に関する。式Iの化合物の有効量を含む医薬組成物。治療または中等度から高度の疼痛を予防するための方法は、経口、口腔、直腸、局所、経皮、経粘膜、静脈内、非経口投与、シロップ剤、または注射用に製剤化することができる。このような組成物は、筋肉痛、痙縮、神経因性疼痛、線維筋痛、術後痛、筋痙縮、頭痛、慢性疼痛、亜慢性疼痛および局所疼痛の治療に使用することができる。【選択図】なし

Inventors:
カンデュラ,マヘシュ
Application Number:
JP2015519430A
Publication Date:
September 17, 2015
Filing Date:
June 23, 2013
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
セリックスビオ プライヴェート リミテッド
International Classes:
C07D339/04; A61K31/216; A61K31/385; A61P25/04
Domestic Patent References:
JPH11504339A1999-04-20
JP2015519334A2015-07-09
JP2015519333A2015-07-09
JP2015520748A2015-07-23
JP2015510306A2015-04-02
JP2015508956A2015-03-23
JP2015526385A2015-09-10
JP2015521174A2015-07-27
JP2015533114A2015-11-19
JPH1143467A1999-02-16
JP2004517037A2004-06-10
JPH01501625A1989-06-08
Foreign References:
CN101186583A2008-05-28
US20120115817A12012-05-10
GB1132318A1968-10-30
US20090082450A12009-03-26
WO2009037707A22009-03-26
Other References:
高橋俊雄他, 『今日のDDS・薬物送達システム』, vol. 初版, JPN6016042317, 25 December 1999 (1999-12-25), pages 316-324頁
Attorney, Agent or Firm:
▲吉▼川 俊雄
市川 寛奈