Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
スリップリング用リング電極、スリップリング及びリング電極の製造方法
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2015537350
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】従来の技術における短所の少なくとも1つを回避する、リング電極、スリップリング及びその製造方法を提供する。【解決手段】本発明は、少なくとも一方の機械部品が他方の機械部品について回転可能である機械部品間の伝送用スリップリング20のリング電極1と、スリップリング20と、リング電極1の製造方法に関する。リング電極1、スリップリング20及びリング電極1の製造方法において、摩耗を低減しつつリング電極1とスリップリング20とを安価に製造するため、本発明に係る電極は、ステンレス鋼のロッド材を用いてリング状に圧延し、その自由端を接合することで閉じたリングを形成する。【選択図】図1

Inventors:
オット、シュテファン
シリング、ハリー
ラウム、ロバート
ホーフ、デニス
ズカネキ、ロナルド
Application Number:
JP2015543390A
Publication Date:
December 24, 2015
Filing Date:
November 13, 2013
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
ジーエイティー ゲゼルシャフト フィア アントリープステフニーク エムベーハー
GAT GESELLSCHAFT FUR ANTRIEBSTECHNIK MBH
International Classes:
H01R43/10; H01R39/00
Domestic Patent References:
JPH04137476A1992-05-12
JP2004202499A2004-07-22
JPH04170571A1992-06-18
JPH11162608A1999-06-18
JPS58130743A1983-08-04
Attorney, Agent or Firm:
清流国際特許業務法人
昼間 孝良
境澤 正夫
平井 功