Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
GnRH誘導体の徐放性脂質初期製剤およびこれを含む薬剤学的組成物
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2016504353
Kind Code:
A
Abstract:
薬理学的活性物質であるGnRH誘導体の徐放性を増大させる作用効果を示す薬剤学的組成物を提供すること。a)極性頭基に−OH(ヒドロキシル, hydroxyl)基が2つ以上存在するソルビタン不飽和脂肪酸エステル(sorbitan unsaturated fatty acid ester)と、b)リン脂質(phospholipid)と、c)イオン化基を有せず、疎水性部分は、炭素数15〜40のトリアシル基または炭素環構造を有する液晶硬化剤(liquid crystal hardener)と、d)薬理学的活性物質としての生殖腺刺激ホルモン放出ホルモン(gonadotropin-releasing hormone, GnRH)誘導体と、を含み、水性流体の不在下で脂質液相として存在し且つ水性流体上で液晶(liquid crystal)を形成する薬剤学的組成物を提供する。本発明に係る薬剤学的組成物は薬理学的活性物質であるGnRH誘導体の徐放性を増大させる作用効果を示す。【選択図】図3

Inventors:
ユン、サン フィル
コ、キ ソン
ユ、ハ ナ
ベク、ヒェ ジュン
ヤン、ウォン キュ
コ、ジン ヨン
パク、ソ ヒュン
ジュン、スン ブム
アン、スン ウォン
キ、ミン ヒョ
Application Number:
JP2015550323A
Publication Date:
February 12, 2016
Filing Date:
December 27, 2013
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
チョン クン ダン ファーマシューティカル コーポレーション
International Classes:
A61K38/04; A61K9/06; A61K9/08; A61K9/10; A61K9/12; A61K9/20; A61K9/48; A61K9/70; A61K9/72; A61K47/22; A61K47/24; A61K47/28; A61K47/44; A61P1/12; A61P5/28; A61P5/32; A61P11/16; A61P13/08; A61P15/00; A61P15/08; A61P15/16; A61P15/18; A61P17/14; A61P35/00
Domestic Patent References:
JP2008526934A2008-07-24
JP2007510705A2007-04-26
JP2007511525A2007-05-10
JP2003520205A2003-07-02
JPH08506584A1996-07-16
Foreign References:
WO2012165468A12012-12-06
Attorney, Agent or Firm:
高島 一
土井 京子
鎌田 光宜
田村 弥栄子
村田 美由紀
小池 順造
當麻 博文