Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
粉末状フラックス及び粉末状金属を用いた超合金の溶着法
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2016508449
Kind Code:
A
Abstract:
本発明は、超合金材料の溶着法に関する。超合金基材(12)上に施与された粉末層(14)がエネルギビーム(16)によって加熱され、超合金クラッド層(10)とスラグ層(18)とが形成される。粉末層は、フラックス材料と合金材料とを含み、個別の粉末として、又は、ハイブリッド粒子粉末として用意される。粉末状フラックス材料層(22)が粉末状金属層(20)の上方に配置されるか、又は、フラックス粉末及び金属粉末が混合される(36)。ニッケルもしくはニッケルクロムもしくはニッケルクロムコバルトのワイヤ又はストリップなどの押出成形可能な溶加材(44)が溶湯プールに追加され、溶融した粉末と組み合わされて、所望の超合金材料の組成を有する超合金クラッドが形成される。

Inventors:
Gerald Jay. Black (United States of America Florida Oviedo Fair ヘイヴン Coat 1325)
Ahmed Kamel (United States of America Florida Ohlund Guiana Plum Drive 2439)
Application Number:
JP2015556047A
Publication Date:
March 22, 2016
Filing Date:
January 17, 2014
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Siemens Energy In condominium lei テッド (United States of America 32826*2399 Florida Ohlund アラファヤ Trail 4400)
International Classes:
B23K9/04; B23K9/16; B23K9/173; B23K9/18; B23K10/02; B23K15/00; B23K26/342; B23K31/00
Domestic Patent References:
JP2007526126A2007-09-13
JP2016516580A2016-06-09
JP2016514052A2016-05-19
JP2016513200A2016-05-12
JP2010207874A2010-09-24
JP2007526126A2007-09-13
JP2016516580A2016-06-09
JP2016514052A2016-05-19
JP2016513200A2016-05-12
Foreign References:
US20100116793A12010-05-13
Attorney, Agent or Firm:
アインゼル Felix-Reinhardt
Takuya Kuno