Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
新規大環状アミジノ尿素誘導体、その調製方法及びキチナーゼ阻害剤としてのその使用
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2016522236
Kind Code:
A
Abstract:
本発明は、式8:の大環状アミジノ尿素誘導体、その調製方法及びその使用、特に真菌感染症の治療におけるキチナーゼ阻害剤として使用するための医薬組成物に関する。

Inventors:
ステファニア・サンフィリポ
ブルネラ・ポステラーロ
マウリツィオ・サングイネッティ
マウリツィオ・ボッタ
ジョルジオ・マッカリ
フィロメナ・デ・ルカ
ジャン−デニス・ドククイエ
ダビデ・デオダート
Application Number:
JP2016520477A
Publication Date:
July 28, 2016
Filing Date:
June 18, 2014
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
シグネット・バイオサイエンシズ・ベー・フェー
International Classes:
C07D273/01; A61K31/5395; A61K45/00; A61P11/00; A61P11/06; A61P31/10; A61P37/08; A61P43/00; C07D413/04
Domestic Patent References:
JP2011513477A2011-04-28
Foreign References:
Other References:
MANETTI, FABRIZIO ET AL.: "Synthesis of new linear guanidines and macrocyclic amidinourea derivatives endowed with high antifun", J.MED. CHEM, vol. vol.52, JPN6018011908, 2009, pages 7376 - 7379, XP055131066, DOI: doi:10.1021/jm900760k
SANGUINETTI, MAURIZIO ET AL.: "Novel macrocyclic amidinoureas: Potent non-azole antifungals active against wild-type and resistant", MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, vol. 4, no. 9, JPN6018011909, 2013, pages 852 - 857, XP055131069, DOI: doi:10.1021/ml400187w
Attorney, Agent or Firm:
村山 靖彦
実広 信哉
阿部 達彦