Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
ランチボックス
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2017516613
Kind Code:
A
Abstract:
本発明は食品、特に、飲食用に用意された食品を保存、運搬および加熱するためのランチボックスに関する。このランチボックスは使い易くなければならない。このランチボックスは、上皿(1)および下皿(2)を含み、それらは長手側で互いに折り畳み可能に接続されており、その際、長手側に対向してロックが備えられている。下皿(2)には、周囲を取り囲み、L字形に曲がった縁を有する皿が配置されており、その皿には、熱的絶縁および加熱部材が割り当てられており、皿の周囲を取り囲む縁領域には、パッキングを収容するための溝が形成されている。

Inventors:
ファビアン・グラフ
パスカル・モジ
Application Number:
JP2017513377A
Publication Date:
June 22, 2017
Filing Date:
May 19, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Faitron AG
International Classes:
A45C11/20
Attorney, Agent or Firm:
山田 卓二
田中 光雄
中野 晴夫