Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
海洋懸架システムの制御
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2017516707
Kind Code:
A
Abstract:
海洋船舶用の懸架システムであって、海洋船舶は、懸架システムにより少なくとも一つの左側の胴体および一つの右側の胴体に対して少なくとも部分的に支持された船体部分を含み、左右の胴体は、互いに対して、および船体に対して移動可能であり、懸架システムは、船体部分と左右の胴体との間に弾性支持体を含む、前記海洋船舶用の懸架システム。少なくともロール剛性を提供する懸架システムは、懸架システムのロールモーメントの分配(RMD)を提供するために配置され、ここで、ロール力は、海洋船舶が滑走または準滑走モードで動作しているとき、左右の胴体に作用する合成押圧力の定常状態の位置から海洋船舶に沿った長手方向の距離の範囲内に配置された位置で効果的に作用する。長手方向の距離は、変位モードにおける設定負荷で少なくとも一つの左側および一つの右側の胴体のうちの一つの水線の長さの20%またはそれより短くなり得る。【選択図】図2

Inventors:
モンク、リチャード
ロングマン、マイケル
リバノス、アンソニー クリストファー
Application Number:
JP2016570988A
Publication Date:
June 22, 2017
Filing Date:
June 03, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
ナウティ-クラフト ピーティーワイ リミティッド
International Classes:
B63B1/14; B63B1/10; B63B39/00
Attorney, Agent or Firm:
高島 一
土井 京子
鎌田 光宜
田村 弥栄子
小池 順造
當麻 博文
赤井 厚子
戸崎 富哉