Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
単離されたドナーMHC由来ペプチド及びその使用
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2017516752
Kind Code:
A
Abstract:
本発明は、移植拒絶の予防を必要とする患者において寛容を誘導することにより移植拒絶を予防する、ドナーMHCクラスII分子の多型領域由来のペプチドに関する。本発明は、薬剤として使用するための、アミノ酸配列:SDVGEYR(配列番号:1)又はその機能保存変異体を含む、11〜16個のアミノ酸の範囲の長さの単離されたペプチドに関する。本発明は、移植患者が寛容であるかを判定するためのin vitro方法であって、前記移植患者から得られた生体サンプル中のCD8+CD45RClowTregの存在を判定する工程を含み、CD8+CD45RClowTregの存在が寛容を示す、方法に関する。

Inventors:
ギロンノ-,カロル
アネゴン,イグナシオ
ピカーダ,エロディエ
Application Number:
JP2016559997A
Publication Date:
June 22, 2017
Filing Date:
April 01, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
アンスティチュ ナショナル ドゥ ラ サンテ エ ドゥ ラ ルシェルシュ メディカル
ユニヴェルシテ・ドゥ・ナント
International Classes:
C07K7/00; A61K31/7088; A61K35/12; A61K35/17; A61K35/76; A61K38/00; A61K39/00; A61K48/00; A61P37/06; C12N5/0783; C12N5/10; C12N15/09; C12Q1/04; G01N33/50; G01N33/68
Domestic Patent References:
JP2008514208A2008-05-08
JP2007538000A2007-12-27
Foreign References:
Other References:
J. IMMUNOL., vol. Vol.170, JPN6018047785, 2003, pages 4155 - 4160
EUR. J. IMMUNOL., vol. Vol.31, JPN6018047788, 2001, pages 1333 - 1339
Attorney, Agent or Firm:
特許業務法人 津国