Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
切込形成時のウォールソーシステムの制御方法
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2017527471
Kind Code:
A
Abstract:
第1及び第2端点間で加工対象物に切込部を形成する際の、ウォールソーシステムの制御方法であって、端点の少なくとも一方は障害物のある端点とされる。ウォールソーシステムは、ソーヘッド、揺動可能なソーアーム、ソーブレード、及びブレードガードを有したウォールソーを備える。切込作業は複数のメイン切込工程で実行され、メイン切込処理の開始前に、メイン切込工程のパラメータ(メイン切込角)が設定され、メイン切込処理の手順に加え、障害物のある端点に関する少なくとも2つの端部切込工程を有した端部切込処理の手順を設定する。各端部切込処理について、開始及び終了位置を定め、両位置間で端部切込作業を行う。ウォールソーを開始位置に配置し、ソーアームを第1端部切込角に揺動後、終了位置までソーヘッドを移動する。ウォールソーを開始位置に戻し、ソーアームを第2端部切込角に揺動する。全ての端部切込工程終了まで、この手順を繰り返す。【選択図】図1

Inventors:
ベロイター, クリスティアン
シュテフィク, ドラガン
カナイダー, ヴィルフリート
Application Number:
JP2017513096A
Publication Date:
September 21, 2017
Filing Date:
September 03, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
ヒルティ アクチエンゲゼルシャフト
International Classes:
B28D1/04; B23D45/02; B27B5/02; B27B5/20
Domestic Patent References:
JP2006231920A2006-09-07
JP2016507391A2016-03-10
JP2016507392A2016-03-10
JP2016507390A2016-03-10
Foreign References:
WO2014124931A12014-08-21
WO2014128095A12014-08-28
WO2014124912A12014-08-21
US20130180371A12013-07-18
Other References:
施工計画の手引 ウォールソーイング工法, vol. 第12版, JPN6017043669, 1 July 2011 (2011-07-01), JP, pages 第4、7、9頁
Attorney, Agent or Firm:
長門 侃二