Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
回転によって開口するためのフォイルシーリングを有する内側載置型個別充填可能カプセルを有する回転クロージャ
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2017531601
Kind Code:
A
Abstract:
回転クロージャは、フォイルシーリングを有する個別充填可能カプセル(2)であって、回転クロージャに挿入するための、カプセル(2)を備える。フォイルシーリングのフォイルは、カプセル内容物が、クロージャによって提供されるコンテナ内に落ちるように自動的に開口されることができる。クロージャは、回転クロージャキャップ(1)、回転クロージャキャップに挿入されることができるフォイル閉鎖式カプセル(2)、及びコンテナのスパウト上に配置するためのコンテナ取付け具(3)からなる。コンテナ取付け具(3)は、内側に、内方に突出する縁領域を有する下方に突出するスリーブ(13)を形成し、スリーブ(13)の有効幅は、対角鋸刃(20)であって、その切断歯を持って上方に突出する、対角鋸刃(20)によって底部でさし渡される。カプセル(2)は、内側で、最初は、回転クロージャキャップ(1)の回転によって軸方向に下方に駆動され、そのシーリングフォイルは、鋸刃(20)の上に押付けられ、その手段によってシーリングフォイルは対角に切断開口される。更に回転すると、カプセル(2)は、コンテナ取付け具(3)内の内側載置型スリーブ(13)の下部内縁(23)上に載り、その後、軸方向移動なしで回転する。シーリングフォイルは、それにより、2つの対角に対向する側面において、その円周に沿って、いずれの場合も、約180°だけ切断開口され、フォイル片は、波形方式で共に集められる。【選択図】図3

Inventors:
シールホファー,フリッツ
Application Number:
JP2017516770A
Publication Date:
October 26, 2017
Filing Date:
October 09, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
べヴァスイス エージー
International Classes:
B65D51/28; B65D81/32
Attorney, Agent or Firm:
▲吉▼川 俊雄
市川 寛奈