Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
密度差を判定するための方法及び装置
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2017531788
Kind Code:
A
Abstract:
燃料を消費するように構成されているエンジン(208)を備え、少なくとも2つの流量計(214、216)を有するエンジンシステム(200)を動作させるための方法が提供される。方法は、少なくとも2つの流量計のうちの送り流量計(214)と、少なくとも2つの流量計のうちの戻り流量計(216)との間に配置されているエンジン(208)を動作させるステップを含む。送り流量計(214)における第1の燃料密度及び戻り流量計(216)における第2の燃料密度が測定される。送り流量計(214)と戻り流量計(216)との間で燃料密度測定値(317)が比較され、第2の燃料密度と第1の燃料密度との間の差に基づいて、密度測定値差分値Δρ(319)が判定される。Δρ(319)は、一定範囲の理論燃料密度差分値Δρtと比較され、Δρが所定の閾値だけΔρt値の範囲外にある場合に、燃料汚染の可能性があることが示される。【選択図】図3

Inventors:
ジマー, パトリック ジョン
ホートン, ジョン アンズデル
Application Number:
JP2017515174A
Publication Date:
October 26, 2017
Filing Date:
September 18, 2014
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
マイクロ モーション インコーポレイテッド
International Classes:
G01N9/00; F02B47/02; F02D45/00; G01F1/84
Domestic Patent References:
JP2013501933A2013-01-17
JP2012508377A2012-04-05
JP2001207893A2001-08-03
JP2007285235A2007-11-01
JP2006307684A2006-11-09
Foreign References:
US20140034022A12014-02-06
WO2010120245A12010-10-21
Attorney, Agent or Firm:
特許業務法人 有古特許事務所