Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
酸化グラフェンベースの音響トランスデューサの方法及び装置
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2017536016
Kind Code:
A
Abstract:
音響トランスデューサ膜に使用される材料には、非常に特殊な性質が要求され、任意の実際のシステムにおいて多くのトレードオフが必要である。グラフェン及びグラフェン関連材料は、多くの音響変換システムの性能に大きく貢献する可能性を提供する幾つかの優れた特性を備えた、新たに発見された種類の材料である。従って、本発明者らは、低コストの製造及び処理技術を用いたリボンマイクロフォン及びダイヤフラムラウドスピーカのベースとして、酸化グラフェンベースのトランスデューサを確立した。

Inventors:
ガスケル ペーター
ガスケル ロバート-エリック
スズコペック トーマス
ホン ジュン ウック
Application Number:
JP2017518490A
Publication Date:
November 30, 2017
Filing Date:
October 06, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
ザ ロイヤル インスティチューション フォー ザ アドバンスメント オブ ラーニング/マギル ユニバーシティ
International Classes:
H04R31/00; H04R7/02; H04R9/00
Attorney, Agent or Firm:
特許業務法人YKI国際特許事務所