Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
生体可逆性ジスルフィド基を有するモノヌクレオチド
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2018503606
Kind Code:
A
Abstract:
本発明は、3'-炭素及び5'-炭素を有する糖に結合した核酸塩基を含むモノヌクレオチドを特徴とし、ここで、5'-炭素は、リン酸基のリン(V)原子に酸素原子を介して結合し、リン(V)原子は、(i)ジスルフィド生体可逆性基に酸素原子を介して、及び(ii)(a)場合により置換されていてもよいアミノ、場合により置換されていてもよいアルコキシ、場合により置換されていてもよいアリールオキシ、もしくは場合により置換されていてもよいヘテロアリールオキシ、又は(b)3'-炭素に酸素原子を介して結合される。本発明はまた、モノヌクレオチドを細胞に送達するための方法、及びC型肝炎を有する対象を治療するための方法を特徴とする。【選択図】図1

Inventors:
ブラッドショー,カート,ダブリュ.
サカムリ,スクマー
リウ,ディングオ
Application Number:
JP2017530754A
Publication Date:
February 08, 2018
Filing Date:
December 10, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
ソルスティス バイオロジクス,リミティッド
International Classes:
C07H19/10; A61K31/7072; A61K31/7076; A61P1/16; A61P31/12; C07H19/11; C07H19/213; C07K7/00; C07K14/00; C12N5/077
Attorney, Agent or Firm:
特許業務法人平木国際特許事務所