Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
血液ポンプ
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2018510708
Kind Code:
A
Abstract:
血液ポンプ(1)は、通路(7)によって接続された血流入口(5)および血流出口(6)を有するポンプケーシング(2)と、回転軸(9)を中心にして回転可能であるようにして前記ポンプケーシング(2)内に配置されたインペラ(3)とを備える。インペラ(3)は、通路(7)に沿って血流入口(5)から血流出口(6)まで血液を運搬するようにサイズおよび形状が決められた羽根(4)を備え、インペラ(3)は、ポンプケーシング(2)の軸受表面に面するインペラ(3)の軸受表面を備える少なくとも1つの接触型軸受(20)によって、ポンプケーシング(2)内で回転可能に支持される。少なくとも1つの洗い流しチャネル(30)は、インペラ(3)を通って延在すると共に、第1の開口部(34)を介して通路(7)と、また第2の開口部(35)を介して軸受(20)と流体接続している。洗い流しチャネル(30)は、洗い流しチャネル(30)を通って軸受(20)に向かって血液を給送する補助ポンプと動作的に関連付けられ、補助ポンプは、少なくとも1つの接線方向成分を有する方向に沿ってインペラ(3)を通って延在する、前記少なくとも1つの洗い流しチャネル(30)によって少なくとも部分的に形成される。

Inventors:
ジース トルステン
アボウルホーセン ワリド
Application Number:
JP2017549269A
Publication Date:
April 19, 2018
Filing Date:
March 16, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
アビオメド オイローパ ゲーエムベーハー
International Classes:
A61M1/12; A61M1/10; F04D3/02; F04D13/02; F04D29/046; F04D29/047; F04D29/58; F04D29/70
Attorney, Agent or Firm:
特許業務法人YKI国際特許事務所