Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
立体構造
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2018511008
Kind Code:
A
Abstract:
必要な構造的堅牢さを保証しながら、迅速かつ容易に建築要素を組み立てることおよび解体することを可能にする立体構造であって、それは基本的に、複数のソケット(2)を有する節点(1)と、その両端のいずれかでの前記ソケット(2)における挿入を意図した棒材(3)と、その内表面(6)が棒材(3)の端部の挿入を可能にし、その外表面がソケット(2)に結合される穴あきねじ(5)と、フレキシブルワッシャー部(8)であって、節点(1)のソケット(2)の中への挿入に適し、前記棒材(3)が穴あきねじ(5)の内部でロックされるように実質的に閉じられたワッシャーの形状をとるために穴あきねじ(5)によって及ぼされる推力の結果として圧縮により閉じ、構造の解体を防止するがソケット(2)の内部の棒材(3)の回転を妨げない、フレキシブルワッシャー部(8)とを備える。【選択図】図6A

Inventors:
ヘレズエロ デ ラ シエラ,エドゥアルド
モリナ ヴァルデラマ,ジュアン,パブロ
Application Number:
JP2017542884A
Publication Date:
April 19, 2018
Filing Date:
February 17, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
ヘレズエロ デ ラ シエラ,エドゥアルド
HERREZUELO DE LA SIERRA, Eduardo
モリナ ヴァルデラマ,ジュアン,パブロ
MOLINA VALDERRAMA, Juan, Pablo
International Classes:
F16S3/04; E04B1/19; E04B1/343; E04B1/58; E04C3/04
Attorney, Agent or Firm:
特許業務法人にじいろ特許事務所