Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
チャネル状態情報を送信する方法、アクセスポイント、およびステーション
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2018526860
Kind Code:
A
Abstract:
本発明の実施形態は、チャネル状態情報を送信する方法、アクセスポイント、およびステーションを提供する。この方法は、ステーションによって、アクセスポイントによって送られたフィードバック指示メッセージ、高効率長トレーニングシーケンス、およびリソーススケジューリングメッセージを受信するステップと、ステーションがターゲットステーションに属すると判定される時に、リソーススケジューリングメッセージによって指示される通信リソースを使用することによって肯定応答メッセージをアクセスポイントにフィードバックするステップとを含む。フィードバック指示メッセージは、チャネル状態情報をAPにフィードバックする必要がある少なくとも2つのターゲットSTAを指示するのに使用され、高効率長トレーニングシーケンスは、STAのチャネル状態情報を判定するのに使用される。本発明の実施形態では、肯定応答メッセージがアクセスポイントにフィードバックされる。この形で、いくつかのステーションがフィードバックを即座には実行できない時に引き起こされるリソース浪費が、回避され得、チャネル状態情報送信効率が、改善され得る。

Inventors:
In Ken
Yang Question
Akira Akira
Hayashi Meiro
Peter rock
Application Number:
JP2017568110A
Publication Date:
September 13, 2018
Filing Date:
July 02, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
HUAWEI TECHNOLOGIES CO.,LTD.
International Classes:
H04W24/10; H04B7/0452; H04B7/06; H04W16/28; H04W72/12; H04W84/12
Domestic Patent References:
JP2013520143A2013-05-30
JP2016540411A2016-12-22
JP2013535879A2013-09-12
Foreign References:
WO2015057772A12015-04-23
WO2011103367A12011-08-25
WO2012006472A22012-01-12
EP2874459A12015-05-20
US20140204891A12014-07-24
Other References:
NARENDAR MADHAVAN: "Reducing Channel Sounding Protocol Overhead for 11ax", IEEE 802.11-15/1097R1, JPN6019005883
Attorney, Agent or Firm:
Katsugo Akazawa
Kubota Ikudai
Eiji Fujita