Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
変換体による一次光の波長変換
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2018528576
Kind Code:
A
Abstract:
変換体(1;11;21)は、一次光(P)を照射するために設けられた被照射面(3)を有する、波長変換発光材料からなる基体(2)と、前記被照射面(3)の外側で前記基体(2)に設けられた少なくとも1つの導電性の伝導経路(4;12,13;22)とを有する。変換装置(E2)は、少なくとも1つの変換体(11)と、前記少なくとも1つの伝導経路(12,13)に接続された評価装置(G)とを有し、前記評価装置(G)は、少なくとも1つの伝導経路(12,13)の電気的特性の変化に基づいて前記基体(2)内の亀裂を検出するように構成されている。照明装置(B2)は、少なくとも1つの変換装置(E2)と、対応する前記基体(2)の前記被照射面(3)に照射を行うための少なくとも1つの半導体一次光源(L)とを有し、前記評価装置(G)は、前記少なくとも1つの半導体一次光源(L)に接続されている。本発明は、例えば基体としての波長変換セラミック体に適用することができる。本発明は、例えばLARP装置、とりわけ車両用照明装置、または舞台照明もしくは効果照明のような特殊照明に適用することができる。

Inventors:
Peter Vogt (Federal Republic of Germany ケルハイム Adler Strasse 31)
Andre Nauen (Federal Republic of Germany Regensburg Duc Tho ア-ゲ slur Strasse 27 day)
Application Number:
JP2018502112A
Publication Date:
September 27, 2018
Filing Date:
June 02, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Male rum ゲーエムベーハー (Federal Republic of Germany Munich マルセル-ブロイアー- Strasse 6)
International Classes:
F21V9/32; F21S41/176; F21S45/10; F21V7/26; F21V23/00; F21V25/04; G02B5/20
Attorney, Agent or Firm:
アインゼル Felix-Reinhardt
Morita 拓
Junichi Maekawa
Hiroyasu Ninomiya
Rui Kamishima