Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
6−アジド−2,4−ジアセトアミド−2,4,6−トリデオキシ−D−マンノースの調製方法
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2018534313
Kind Code:
A
Abstract:
本発明は、6−アジド−2,4−ジアセトアミド−2,4,6−トリデオキシ−D−マンノースの調製方法に関する。本方法は、式X:の化合物であって、式中:R1が、メチル、エチル、イソプロピルを含むC1〜C6アルキル;フェニルを含むアリールであることができ、これらの基のそれぞれが置換されているか又は置換されておらず、R2が、メチル、エチル、イソプロピル、tert−ブチル、イソブチルを含むC1〜C6アルキルであることができ、これらの基のそれぞれが置換されているか又は置換されていない化合物を、極性非プロトン性溶媒中で、ルイス酸又はブレンステッド酸を含む脱保護剤と化学的に反応させ、それによって遊離C−1OH基を得ることを含む。本方法はまた、商業的に入手可能な五酢酸D−ガラクトース、四酢酸D−ガラクトース、又はテトラアセチルD−ガラクトシルトリクロロアセトイミデートから調製を開始することができる。本発明によれば、アノマー位を脱保護する工程により、セリウムの使用を回避し、6−アジド−2,4−ジアセトアミド−2,4,6−トリデオキシ−D−マンノースの調製が容易になる。

Inventors:
ボリ ボゼル
オレリー バロン
ホルディ マス ポンス
ロラ フルモワ
Application Number:
JP2018525723A
Publication Date:
November 22, 2018
Filing Date:
November 16, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
サントル ナシオナル ドゥ ラ ルシェルシェサイアンティフィク(セエヌエールエス)
International Classes:
C07H5/06; C07H13/06; C07H15/04
Attorney, Agent or Firm:
青木 篤
三橋 真二
胡田 尚則
出野 知
高橋 正俊
田中 直樹