Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
空気入りタイヤ
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2019151301
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】操縦安定性及びランラット耐久性を維持しながら、タイヤ重量を軽減することを可能にしたサイド補強層型ランラットタイヤを提供する。【解決手段】カーカス層4を本体部4Aと、各ビード部3において楔形状のビードコア5の周縁に沿って折り返されてビードコアのタイヤ径方向外側端から本体部に接触しながら各サイドウォール部側に向かって延在する折り返し部4Bとで構成し、一方サイドウォール部の外表面に複数のフィン9を設け、タイヤ赤道CLからカーカス層4のタイヤ幅方向最外側の点までのタイヤ幅方向に沿った距離WCをタイヤ断面幅の呼びの1/2倍以下にし、フィンがタイヤ幅方向外側に最も突き出た位置におけるフィンの突出高さhとサイド補強層8の最大幅Aとがh≧0.3×Aの関係を満たし、フィンがタイヤ幅方向外側に最も突き出た位置をタイヤ最大幅位置からタイヤ最大幅位置のタイヤ径方向高さHの0.1倍以内に配置する。【選択図】図1

Inventors:
長安 政明
笹谷 雄貴
竹森 諒平
丹野 篤
松田 淳
甲田 啓
Application Number:
JP2018039798A
Publication Date:
September 12, 2019
Filing Date:
March 06, 2018
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
横浜ゴム株式会社
International Classes:
B60C13/00; B60C3/04; B60C9/08; B60C9/28; B60C15/00; B60C15/04; B60C17/00
Attorney, Agent or Firm:
清流国際特許業務法人
昼間 孝良
境澤 正夫