Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
転圧車両
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2019152076
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】障害物へのガード柵の接触時に確実に走行制限できる高い信頼性を備えた転圧車両を提供する。【解決手段】前部及び後部油圧モータ7,8にネガティブブレーキ34の制動力を作用させると共に、エンジン17により駆動されるチャージポンプ19からの作動油を連通位置の強制排出弁39を経てネガティブブレーキ34のブレーキ解除シリンダ34cに供給し、制動力を解除して車両1を走行可能とする。車両1の前後に揺動可能なガード柵40,41を設けてワイヤケーブル47及びプッシュロッド48を介して強制排出弁39と連結し、障害物への接触によるガード柵40,41の揺動を機械的に強制排出弁39に伝達してドレン位置に切り換える。【選択図】図1

Inventors:
竹田 奈美
岡崎 鉄朗
鈴木 正和
Application Number:
JP2018039942A
Publication Date:
September 12, 2019
Filing Date:
March 06, 2018
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
日立建機株式会社
International Classes:
E01C19/23; B60T15/04
Attorney, Agent or Firm:
長門 侃二