Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
電気機械サーキットブレーカおよびバッテリハウジング
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2019508838
Kind Code:
A
Abstract:
故障状態に応答する電気ブレーカを開示する。熱作動スイッチが、ブレーカの第1の端子と第2および第3の端子との間に配置できる。スイッチは、第1の端子が第2の端子に電気的に接続されている、正常動作状態を有することができる。スイッチは、第1の端子が第2の端子と第3の端子の両方に電気的に接続されている、故障状態を有することができて、電流の大部分を第1の端子と第3の端子との間に流し、電流のごく一部を第1の端子と第2の端子との間に流す。ブレーカは、第1の端子と第2および第3の端子のうちの一方との間に正温度係数(PTC)抵抗器を含むことができる。熱作動スイッチは、種々の構造、たとえば、1つまたは複数のセルを収容することができるバッテリパックに一体化することができる。【選択図】図9A

Inventors:
Bones, Gordon Lee
Mayer, Lars Eric Gunner
Gerings, Earl Robert
Casey, Kelly Sea.
Atsushi Tada
Application Number:
JP2018532046A
Publication Date:
March 28, 2019
Filing Date:
December 15, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Bones, Inc.
International Classes:
H01H37/52; H01M2/10; H01M2/34; H02H5/04; H02H7/18; H02H9/02; H02J7/00
Attorney, Agent or Firm:
Akira Hirakawa
Hironobu Yazawa