Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
患者特異的抗癌治療剤の製造方法及びその治療方法
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2019511454
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】研究調査に必要とされる時間を最小限に抑えてできる限り早く治療を始められるように、対象の患者に最大の利益を提供する抗体を同定する解決策を提供する。【解決手段】 (a)患者から得られた少なくとも1つの固形腫瘍サンプルから解離細胞サンプルを提供することと、(b)フロー領域とフロー領域に流体接続された少なくとも1つの分離領域とを有するマイクロ流体デバイスに解離細胞サンプルをロードすることと、(c)少なくとも1つのB細胞を解離細胞サンプルからマイクロ流体デバイスの少なくとも1つの分離領域に移動させることにより少なくとも1つの単離されたB細胞を得ることと、(d)癌細胞に結合可能な抗体を産生する少なくとも1つのB細胞を同定するためにマイクロ流体デバイスを使用することとを含む、抗体治療剤の調製方法が提供される。癌細胞は患者自身の癌細胞であり得る。【選択図】図1

Inventors:
チャップマン,ケヴィン ティー.
ホワイト,マーク ピー.
ワン,シャオフア
パーク,ミンハ
スタッドラー,グイド ケー.
ロー,ジュニア,ランドール ディー.
グアン ラドストローム,シャオ
マキューエン,ジェイソン エム.
ワン,ガン,エフ.
フォックス,ジョージ エル.
ラデル,ペギー エー.
Application Number:
JP2018536394A
Publication Date:
April 25, 2019
Filing Date:
January 13, 2017
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
バークレー ライツ,インコーポレイテッド
International Classes:
C07K16/00; A61K35/17; A61K35/76; A61K39/395; A61K47/68; A61K48/00; A61K49/00; A61K51/00; A61P35/00; A61P37/04; A61P43/00; C07K16/30; C12N5/10; G01N33/574; G01N35/08; G01N37/00
Attorney, Agent or Firm:
稲葉 良幸
大貫 敏史
江口 昭彦
内藤 和彦