Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
不活性化ワイプキット、その作成方法および使用方法
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2019513465
Kind Code:
A
Abstract:
有害な薬剤の不活性化ワイプキット100は、その一端に一方向弁208が結合された第1のポーチ102と、第2のポーチ104、および第3のポーチ106を含む。第1のポーチ102は、次亜塩素酸塩溶液中に浸潤したワイプ209を含み、第2のポーチ104はチオ硫酸塩溶液中に浸潤したワイプを含み、第3のポーチ106はイソプロピルアルコール溶液中に浸潤したワイプを含む。不活性化ワイプキットは、クリーンルーム内で使用され、作業面のほとんどの有害な薬物を不活性化することができる。【選択図】図1

Inventors:
コンポ マーク ジェイ.
バレストリ マイケル
Application Number:
JP2018553094A
Publication Date:
May 30, 2019
Filing Date:
March 23, 2017
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
ベルテック アソシエイツ インコーポレイテッド
VELTEK ASSOCIATES, INC.
International Classes:
A47K7/03; A61L2/08; B65B55/16; C11D7/10; C11D7/26; C11D7/54; C11D17/04
Attorney, Agent or Firm:
今井 彰