Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
商用車内のブレーキシステムの自動電子制御方法並びに電子制御可能なブレーキシステム
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2019514772
Kind Code:
A
Abstract:
本発明は、車両200の内部のブレーキシステムの自動電子制御方法であって、少なくとも次のステップ:−車両200の内部のアクチュエータ1、50、52、53の自動化電子方式による動作制御を行うために、要求信号S1を読み取るステップ、その際、アクチュエータ1、50、52、53のうちの少なくとも一つが、車両200の車両の実際の縦方向動特性に影響を与え、かつ、自動化方式により要求される車両の目標の縦方向動特性を達成するために、要求信号S1を用いて、アクチュエータ1、50、52、53により実行されなければならない要求aSoll、vSoll、RSollを伝達するステップと、−自動化方式により要求される車両の目標の縦方向動特性を達成するために、要求aSoll、vSoll、RSollがアクチュエータ1、50、52、53により完全に又は誤りなしに実行される、又は実行可能であるか否かを確認するために、要求信号S1の妥当性をチェックするステップと、−要求aSoll、vSoll、RSollのうちの少なくとも1つの実行が、完全に又は誤りなしに実行されないか若しくは実行不可能である場合に、補正制動を予め設定するために、補正減速度zKorr及び/又は補正速度vKorrを算出するステップ、その際、完全に又は誤りなしに実行されないか若しくは実行不可能な要求aSoll、vSoll、RSollに依存して、補正減速度zKorr及び/又は補正速度vKorrを算定するステップと、−車両200を安全な状態に移行させるため、補正減速度zKott及び/又は補正速度vKorrに依存して、車両200の補正制動を要求するステップと、を含む当該方法に関する。

Inventors:
ヴルフ・オーリヴァー
Application Number:
JP2018551857A
Publication Date:
June 06, 2019
Filing Date:
March 13, 2017
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
ヴァブコ・ヨーロッパ・ベスローテン・フェンノートシャップ・メット・ベペルクテ・アーンスプラーケレクヘイト
International Classes:
B60T17/22; B60T8/40; B60T8/46; B60T8/88; B60T15/04
Attorney, Agent or Firm:
江崎 光史
鍛冶澤 實
篠原 淳司
中村 真介