Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
プラントミックス中温化再生アスファルト混合物とその製造方法
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2019516894
Kind Code:
A
Abstract:
本発明はプラントミックス中温化再生アスファルト混合物の製造方法を公開し、RAP材料、新しい骨材、鉱物粉末、新しいアスファルトおよび再生剤を用意し、質量パーセンテージの合計は100%であるステップ、RAP材料を加熱して撹拌した後に再生剤を加えて、さらに加熱してかき混ぜ続けるステップ、産物をインキュベーションサイロに入れてインキュベーションし、インキュベーション温度は40℃−150℃、インキュベーション時間は0.5h−6hであるステップ、産物と新しい骨材を混合した後加熱して撹拌するステップ、産物と新しいアスファルトをかき混ぜて加熱した後に鉱物粉末を入れて、成型するまでかき混ぜ続けるステップを含む。本発明は再生アスファルト混合物のインキュベーション工程を増やし、新・旧のアスファルト間の相互浸透と融合、ならびに有機的結合の機会が大きく増加し、新しいアスファルトと再生剤がリサイクルアスファルト路面材料の中で再生と再構築機能を十分に発揮し、古いアスファルトの再生効果を高め、形成した再生アスファルト混合物の舗装性能はすべて新しい材料で作ったホットミックスアスファルト混合物の性能に達している。【選択図】なし

More Like This:
Inventors:
Guo Tongmin
Zhang Tamada
Xiao guards
Xu Moe
Application Number:
JP2019514177A
Publication Date:
June 20, 2019
Filing Date:
July 18, 2017
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Jiangsu Tennant Road Materials Technology Co., Ltd.
International Classes:
E01C7/22; E01C7/26
Attorney, Agent or Firm:
Kimura Mitsuru
Taiji Morikawa
Kei Sakurada
Mie Hideki



 
Previous Patent: カーテンウォール

Next Patent: 油圧装置