Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
回転質量エネルギー貯蔵体
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2019520033
Kind Code:
A
Abstract:
回転質量エネルギー貯蔵体は、導体(6),(7),(18),(17)と磁石配置(11)とを備えるロータ(10)を備える。回転質量体は、回転軸に関して対称であり、またキャビティ(24)を有する中空であって、電気ステータ(12)がキャビティに配置されている。エネルギー貯蔵体の全ての構成要素は、真空ポンプおよび/または封止部用の取付部/接続部(2)と、導電性ワイヤが通過するためのワイヤ接続封止部(3)および(15)とを有する筐体(1)に囲まれている。ロータ(10)は、軸方向および径方向に永久磁気により浮上している。電気エネルギーは交換され、回転質量体(他の場合にはロータ(10)として知られる)に運動エネルギーとして貯蔵される。

Inventors:
カーソン、アビゲイル
Application Number:
JP2019517178A
Publication Date:
July 11, 2019
Filing Date:
June 06, 2017
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
カーソン、アビゲイル
CARSON,Abigail
International Classes:
H02J15/00; F16C32/04; H02J3/30; H02K7/02; H02K7/09
Attorney, Agent or Firm:
恩田 誠
恩田 博宣
本田 淳