Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
綿棒
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2020010739
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】肌触りがよく、耳かきをする際に耳の内側に傷を付けることなく、しかも、耳垢を効率よく吸着して取り出すことができる耳かき形状を有する綿棒を提供する。【解決手段】棒状の軸部10の先端にへら状に形成した綿を装着し、にPVAを浸漬させて耳かき部20を形成する。軸部10において、耳かき部20を形成した端と反対端に、綿を繭状に形成し、耳かき部20に浸漬させたPVAよりも濃度が低いPVAを浸漬させて綿球部30を形成する。さらに、軸部10に、底面が耳かき部20のへら状の凹面の底面と同じ方向に底面を有する凹状の把持部12を形成する。【選択図】図1

More Like This:
Inventors:
黒川 友博
Application Number:
JP2018132964A
Publication Date:
January 23, 2020
Filing Date:
July 13, 2018
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
平和メディク株式会社
International Classes:
A47K7/00; A61F13/38
Attorney, Agent or Firm:
田中 信介