Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
ボディタオル
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2020010876
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】従来のボディタオルでは得られなかった凸条部による強い感触を備えたボディタオルを提供する。【解決手段】本発明のボディタオルは、緯編地からなり、1、又は複数コース置きに、太糸1により編成される1、又は複数のコースからなる凸条部10と、太糸1より細い地糸2により隣り合う凸条部10,10間に編成される地編部20とを有する。太糸1は編糸を筒状編地に編成したリリアン糸からなることが好ましい。地編部より太い糸により凸条部を形成することにより、凸条部による強い感触を得る。【選択図】図4

Inventors:
塩田 かおり
Application Number:
JP2018135724A
Publication Date:
January 23, 2020
Filing Date:
July 19, 2018
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
キクロン株式会社
有限会社ミツミ
International Classes:
A47K7/02; D04B1/00; D04B1/14; D04B1/22
Attorney, Agent or Firm:
杉本 勝徳
岡田 充浩



 
Previous Patent: 水中用運動具

Next Patent: チップ