Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
トラクション減速機
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2020159535
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】インタナルリングの相対回転を防止するための回り止め部材を高精度に形成でき、かつ、ハウジングを含むトラクション減速機全体を容易に組み立てることができる。【解決手段】太陽ローラ20と、複数の遊星ローラ30と、遊星ローラを保持するキャリア60と、遊星ローラの自転軸91よりも径方向外側に拡がるインタナルリング40、50と、インタナルリングの外周部を覆うケーシング100と、ケーシングとインタナルリングとの間に位置する回り止め部材110と、を有する。ケーシングは、周方向および軸方向の一部において、内周面から径方向外側へ凹むケーシング凹部101を有し、インタナルリングは、外周面から径方向内側へ凹むリング凹部400、500を有する。回り止め部材は、ケーシング凹部に位置する回り止め本体部と、回り止め本体部よりも径方向内側へ突出する回り止め突起部とを有し、回り止め突起部はリング凹部に嵌まる。【選択図】図2

Inventors:
Imamura Tadashi
Application Number:
JP2019062324A
Publication Date:
October 01, 2020
Filing Date:
March 28, 2019
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Nidec sympo corporation
International Classes:
F16H13/08
Attorney, Agent or Firm:
Takami Nishida



 
Previous Patent: FRP複合成形品

Next Patent: 自動切替調整器