Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
五輪塔型骨つぼ
Document Type and Number:
Japanese Patent JP3148661
Kind Code:
U
Abstract:
【課題】骨つぼの本体、底部及び蓋部を合わせて五輪塔を模した形状とすることで、より功徳を積むことができる五輪塔型骨つぼを提供する。【解決手段】蓮華台6の上に、下部を縦方向に短い円筒形状とし、上部を同じく円筒形状で縦方向中央を膨出せしめた骨つぼ1を配し、当該骨つぼには上端に摘み部4を設けた屋根型の蓋5を配設する。更に、前記縦方向に短い円筒形状部分と同じく円筒形状で縦方向中央を膨出せしめた部分を一体として骨つぼとしたもの、更には、前記骨つぼの縦方向に短い円筒形状部分と同じく円筒形状で縦方向中央を膨出せしめた部分を分離し、縦方向に短い円筒形状部分は蓮華台と一体としたもの、更には、前記上端に摘み部を設けた屋根型の蓋を、平面視円形としたもの、更には、前記上端に摘み部を設けた屋根型の蓋を平面視多角形として構成する。【選択図】図2

Inventors:
武内 重義
Application Number:
JP2008008750U
Publication Date:
February 26, 2009
Filing Date:
November 17, 2008
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
武内 重義
International Classes:
A61G17/08