Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
高粘性流体の定量吐出装置
Document Type and Number:
Japanese Patent JP3153860
Kind Code:
U
Abstract:
【課題】プランジャーポンプを用いた粘性液の吐出量に際し、高精度吐出量を得る定量吐出装置を提供する。【解決手段】プランジャーポンプのロッドを昇降させる際に、サーボモータの回転力を伝導して昇降精度を向上し、もってロッドの昇降量精度を向上したものである。定流量装置を使用しなくても所定の吐出能力を発揮し得ると共に、必要電力、設置スペース及び設置費用の何れにおいても優れている効果がある。またサーボモータ使用による伝導系の故障その他の不利益の心配もなく、取扱いも容易となる利点がある。【選択図】図1

Inventors:
幅 弘明
浦志 隆敏
Application Number:
JP2009003922U
Publication Date:
September 24, 2009
Filing Date:
June 10, 2009
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
株式会社アラキ製作所
パイルスジャパン株式会社
International Classes:
F04B13/00; F04B9/00
Attorney, Agent or Firm:
鈴木 正次
涌井 謙一
山本 典弘
鈴木 一永