Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
照明灯支柱開口部の蓋板構造
Document Type and Number:
Japanese Patent JP3160416
Kind Code:
U
Abstract:
【課題】照明灯の不具合を監視するモニタを固定する支柱開口部の蓋板構造を提供する。【解決手段】照明灯支柱の開口部の蓋板の構造として、照明灯のランプの不点灯や照明灯の支柱に組み込まれている安定器、自動点滅器、MCCBの出力断の異常をLEDの点灯と消灯で監視するようにしたモニタをそのLEDが外側から可視可能に支柱開口部の蓋板に固定してある。そのため、通常、支柱開口部の蓋板をくり抜き、そこにタテに配列した4個のLEDが可視できるようにし、モニタを形成する直方体容器を支柱開口部の蓋板に固定して支柱の空洞内に収納する。LEDは上下方向に分散して配置され、上から順にランプ用、安定器用、自動点滅器用、MCCB用に設けられてある。【選択図】図2

Inventors:
松田 明
Application Number:
JP2010002461U
Publication Date:
June 24, 2010
Filing Date:
April 13, 2010
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
松田 明
International Classes:
F21S8/08; F21V25/02
Attorney, Agent or Firm:
小関 孝次



 
Previous Patent: 椅子用杖係止ホルダー

Next Patent: LIQUID CRYSTAL PANEL