Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
竹製弾性椅子
Document Type and Number:
Japanese Patent JP3165182
Kind Code:
U
Abstract:
【課題】本考案は、人体工学に符合し、優れた弾性をもつため、長時間座っていても疲れにくい竹製弾性椅子を提供する。【解決手段】複数の長い棒状の外側竹材と、複数の長い棒状の内側竹材とによって構成する。前記外側竹材と内側竹材はコ形状を呈し、内側竹材の外周サイズは外側竹材の内周サイズより小さく、外側竹材と内側竹材のコ形の対向する両側辺は、外側方向に凸出する弧形辺を形成し、両側辺が連結する上辺は、内側方向に凹む凹弧面を形成し、前記内側竹材と外側竹材を相互に重ねることで椅子ユニットが形成され、椅子ユニットを平行に配列するとともに、前記内側竹材と外側竹材の間に、複数の長棒状の第一補強部材と複数の長棒状の第二補強部材を設ける。前記第一補強部材と第二補強部材によって椅子ユニットの外側竹材と内側竹材の間は挟層空間が形成される。【選択図】図1

Inventors:
王文燦
Application Number:
JP2010007013U
Publication Date:
January 06, 2011
Filing Date:
October 21, 2010
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
王 文燦
International Classes:
A47C5/00; A47C7/16
Attorney, Agent or Firm:
志村 正和