Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
略六角形型把持部、略六角形型手すり、略六角形型リハビリ用運動具及び略六角形型スポーツ用具
Document Type and Number:
Japanese Patent JP3167947
Kind Code:
U
Abstract:
【課題】製造が簡単であり、量産を安価に行うことができ、しかも把持が確実であり、手に障害を有する障害者であっても容易に把持できる把持部を提供する。【解決手段】本把持部においては、前記把持部の横断面の外周が略六角形であり、前記略六角形は3個の凸状弧と3個の弦とが凸状弧−弦−凸状弧−弦−凸状弧−弦の順に交互に連続して繋がって形成され、前記把持部の長軸方向において、前記凸状弧は凸状弧面を形成し、前記弦は弦面を形成し、前記凸状弧面と前記弦面とが交互に連続して繋がることにより、前記把持部の外周面を形成する。この把持部は、円柱状の棒材を切削することにより、簡単に製造できる。この把持部を手すり、リハビリ用運動具及びスポーツ用具などに使用することにより、身体障害者、患者及び高齢者等に便益をもたらす。【選択図】図1

Inventors:
馬屋原 学
Application Number:
JP2011001192U
Publication Date:
May 26, 2011
Filing Date:
March 05, 2011
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
馬屋原 学
International Classes:
E04F11/18; A63B5/20; A63B21/072; A63B49/08; A63B53/14; A63B59/06; A63B69/36
Attorney, Agent or Firm:
三木 久巳