Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
鼻パッド付防護マスク
Document Type and Number:
Japanese Patent JP3222972
Kind Code:
U
Abstract:
【課題】マスクの鼻部位からの漏洩および眼鏡の曇りを防止することができる鼻パッド付防護マスクを提供する。【解決手段】鼻パッド付防護マスクはマスク本体10、鼻パッド30および内層プリーツ15’から構成される。マスク本体は外層面11、中間層面13および内層面15を有する。鼻パッドは外層面に配置される。内層プリーツは内層面から伸びて折り返されて形成される。内層プリーツおよび外層面は同時に鼻パッドを覆い、鼻パッドに対応する突起部40をマスク本体に形成する。この構造特徴により、マスクを通らず外部の空気を直接吸い込むことと、吐き出した湿った呼気が上昇することを効果的に抑制する。【選択図】図2

Inventors:
鄭永柱
鄭乾鋒
鄭羽良
Application Number:
JP2019600018U
Publication Date:
September 12, 2019
Filing Date:
September 01, 2017
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
宣徳醫材科技股▲ふん▼有限公司
International Classes:
A41D13/11; A62B18/02
Attorney, Agent or Firm:
山口 朔生
大島 信之
山口 真二郎