Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
カルボニル化処理の流れからの過マンガン酸塩還元化合物及びアルキルヨウ化物の除去
Document Type and Number:
Japanese Patent JP4681088
Kind Code:
B2
Inventors:
メイダン,シン
ブレイ,ジョージ・エイ
カーニロウ,マイケル・エル
マイルヒェン,メルヒオール・アー
ピカード,ウェイン・デーヴィッド
サンティラン,ヴァレリー
スケイツ,マーク・オー
タンケ,ロビン・スザンヌ
トーレンス,ジー・ポール
ヴォーゲル,リチャード・エフ,ジュニアー
ワーナー,アール・ジェイ
Application Number:
JP51949498A
Publication Date:
May 11, 2011
Filing Date:
October 17, 1997
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
セラニーズ・インターナショナル・コーポレーション
International Classes:
B01J27/32; C07C51/44; B01J38/00; C07C51/00; C07C51/12; C07C51/48; C07C53/08; C08G2/12; C08G2/28
Domestic Patent References:
JP940590A
JP812612A
Attorney, Agent or Firm:
社本 一夫
小野 新次郎
小林 泰
千葉 昭男
富田 博行
沖本 一暁
大川 宏志