Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
Document Type and Number:
Japanese Patent JP5658395
Kind Code:
B1
Abstract:
【課題】樋部材を外付けすることによる見栄えの低下をなくし、決められた排水箇所以外からの溢水を防止し得る庇を提供する。【解決手段】庇1は、前方へ突き出るように基端部が建物の外壁面に固定される左右の側枠3L,3Rと、左右の側枠3L,3R間に設けられ複数本の帯板状の羽板21が互いに平行かつ傾斜させて格子状に並設されている庇板2と、左右の側枠3L,3Rの先端部間に装着される前縁板5とから成る。庇板2の各羽板21は下端縁に、左右の各側枠3L,3Rは内側面に、それぞれ上面開口の樋溝25,39が全長にわたって形成されている。庇板2は、各羽板21の樋溝25の開放された両側端が側枠3L,3Rの樋溝39の上方に位置するように各側枠3L,3Rに固定されている。前縁板5には、左右の各側枠3L,3Rの樋溝39に連通する雨水の排出路53が設けられている。【選択図】図2

Inventors:
Taiichi Nakagawa (1, Koraibashi, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka *7*7*4506 No. Inside of アルフィン, Inc.)
Application Number:
JP2014099605A
Publication Date:
January 21, 2015
Filing Date:
May 13, 2014
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
アルフィン, Inc. (1, Koraibashi, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka *7*7*4506 No.)
International Classes:
E04F10/08
Domestic Patent References:
JPS55176901U1980-12-18
Attorney, Agent or Firm:
Yoshimitsu Suzuki
Koishikawa 由紀乃