Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
急排弁一体型ダイヤフラムポンプ
Document Type and Number:
Japanese Patent JP5735690
Kind Code:
B1
Abstract:
【課題】加圧対象物へ吐出される空気の吐き出しを安定化させる。【解決手段】ポンプ室70から入力側空間9aに供給される空気が所定の流量以下であれば、入力側空間9aへ供給された空気は連通孔300および流入通路104を介して大気解放されるため、入力側空間9aの圧力が出力側空間9bよりも高くならず、排気口弁体121が排気通路111aを閉塞しないので、このときポンプ室70から供給される空気は大気解放されるだけであり吐出通路113aから加圧対象物へ空気が吐出されることはない。一方、ポンプ室70から入力側空間9aに供給される空気の流量が所定の流量を超えると、その空気の圧力により逆止弁体122を介して入力側空間9aから出力側空間9bへ空気が流れ、吐出通路113aから加圧対象物へ吐出されるので、当該加圧対象物へ吐出される空気の吐き出しが安定化する。【選択図】図1

Inventors:
深美 正
Application Number:
JP2014165396A
Publication Date:
June 17, 2015
Filing Date:
August 15, 2014
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
応研精工株式会社
International Classes:
F04B45/04
Foreign References:
WO2014196102A12014-12-11
WO2014196102A12014-12-11
Attorney, Agent or Firm:
山川 政樹
山川 茂樹