Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
包装用治具
Document Type and Number:
Japanese Patent JP5897757
Kind Code:
B1
Abstract:
【課題】低コストで迅速に導入することができ、それでいて属人的な仕上がりのバラつきを排除して安定した美観を呈する包装が実現可能な包装用治具を提供することを目的とする。【解決手段】本発明の包装用治具は、被包装材の少なくとも一部が通過可能な円孔を備えた底板と、前記円孔に臨むように前記底板上に設置されるとともに、前記底板からの高さが互いに異なる複数種類の壁部材と、を有し、前記壁部材は、(A)前記円孔の中心側に向けて、前記円孔の縁より突出するように配置されてなり、(B)前記底板から第1の高さを有する第1壁部材と、前記底板から前記第1の高さと異なる第2の高さを有する第2壁部材とを含み、且つ、(C)前記第1壁部材と前記第2壁部材は、前記円孔の周囲において交互に並んで配置されてなることを特徴とする。【選択図】 図1

Inventors:
吉岡 峰司
吉岡 靖
Application Number:
JP2015167823A
Publication Date:
March 30, 2016
Filing Date:
August 27, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
キッショウ株式会社
International Classes:
B65B67/08; B31B45/00
Domestic Patent References:
JPS4814227Y11973-04-18
JPS58117919U1983-08-11
Foreign References:
WO2012108044A12012-08-16
US20080015098A12008-01-17
WO2012108044A12012-08-16
US20080015098A12008-01-17
Attorney, Agent or Firm:
特許業務法人太田特許事務所